資格取得支援制度を簡単に解説します!

キャリアアップのための資格取得支援制度

資格取得支援制度とは?

資格取得支援制度とは、簡単に言ってしまえば、仕事に必要な資格・免許を取得するために会社側が支援してくれる制度のことです。それは経済面で試験料や資格取得のための受講料や学費の支援であったり、働きながら学校や講習に出るように時間のすき間を融通してくれたりと、会社や業務形態によって会社の支援の特色はさまざまあると思います。

まずは、現在どの業界で働いているか、あるいはどの業界でキャリアを積みたいかによって、免許や資格の有無が問われると思います。内容によっては国や自治体が資格取得の支援するケースもありますので、どのようなものがあるのか、どのような免許が必要なのかを調べるとよいと思います。そして肝心なのは、会社側がどのような形で支援してくれるかを事前に確認しておきましょう。

資格手当で給料UP?

資格手当を出している企業もあります。特に建設業界、金融業界、不動産業界、IT業界はその傾向が強いと言われています。どれも専門スキルが高く必要とされているため、必要なのかもしれませんね。資格取得制度を導入している会社では、積極的に資格や免許を取得していれば、給料に差がつくことがあります。たとえそれが月々何千円だとしても、年間を通せば、それなりの金額にもなります。

それは、免許が必要とする業務に就いていなくても、保有しているだけで手当てが支給される会社もあります。その理由として、有資格者の人数が増えれば、企業としての信頼が高まることにも繋がるから会社側にとってはプラスになるからです。ひいては、自分のキャリアアップにもつながります。


TOPへ戻る