資格取得支援制度を簡単に解説します!

支援制度を利用する条件!

いろいろな資格

建設業だけでみてもいろいろな資格、免許があります。まずは建築設計をする上では不可欠な『1級建築士』、木造住宅などを設計する『2級建築士』、あとはその建物を公示する場合の『一級建築施工管理技士』『2級建築施工管理技士』、土木工事を行う場合には『土木施工管理技士』、あとは電気工事を行う場合は『電気工事施工管理技士』『電気工事士』です。

不動産業界で言えば、土地や建物の価値の評価、不動産の活用方法や税務対策のコンサルティングなどを行う『不動産鑑定士』、不動産の公正な取引を行うために必要な『宅地建物取引士』、マンション管理士とは、管理組合の運営や建物構造上の技術的問題などマンションの管理に関しての専門家『マンション管理士』など。

支援制度を利用する条件とは?

資格取得支援制度の正式名称は『教育訓練給付制度』のことです。現在の給与明細を確認していただくとわかりますが、毎月、雇用保険料は控除されているのがわかります。これは、失業をした時の手当だけではなく、失業予防や雇用を安定させるためにも使われています。その他では、育児休業給付金、介護休業給付金も雇用保険料が財源となっています。

また、制度を利用できる対象者は雇用保険の被保険者あるいは被保険者だった人になります。そして制度には2種類あって、英会話やパソコンスクール、通信教育などで得られる比較的手軽な『一般教育訓練給付金』と看護師、美容師、調理師、政務や会計などの専門的な知識を必要とする資格を取得するための支援の『専門実践教育訓練給付金』に分かれます。それぞれ利用する条件が異なりますので、必要な資格がどちらに該当するのかを調べてみましょう。


TOPへ戻る